2006年02月01日

同窓会

当たり障りない会話ばかりじゃつまらない。
地雷を踏んでもいいから、突っ込んだ話しがしたい。
posted by yoshiharu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

感謝

既に手に入れたものへの感謝は日ごとに薄れ、
失われた機会への悔しさは日ごとに募るのか。

感謝の気持ちを忘れずにいなければ。
posted by yoshiharu at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

やっと

正月の餅がなくなった。あまり味付けのバリエーションがなくて、最後はキツかった。
posted by yoshiharu at 09:41| Comment(3) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

くよくよ

二、三日前から「くよくよ」してます。
だいぶマシになりましたが、まだ立ち直ったとは言えない感じですね。
こんな気持ちににったのは久しぶりで、そこそこ凹んでます。

原因は明らかで、
自分で期待してたほどのパフォーマンスを見せられなかった自分自身に対する自己嫌悪。
そして、それによってもたらされるであろう結果に対して感じる残念な気持ち。
あとは、その場を与えてくれた人に対する申し訳ない気持ちです。

結果が出ないと解決しない、というわけじゃないですが、結果が出れば、
なんらかの整理はつくと思います。少なくとも、次のアクションが起こせる。

危惧した通りの結果であれば残念な気持ちは増しますが、現在の自分の能力では、
ここまでの結果しか出せないということを冷静に認めることから始めます。

機会を与えてくれた人に対して感じている、申し訳ないという気持ちは、
突き詰めるとホントは、その人から良い評価を受けたい(受けたかった)
という、他者から見た自分像への執着につながるんだと思います。

それって、やっぱり自分の期待したパフォーマンスを発揮できなかった
自分に対する自分嫌悪なのだと思います。ふがいない自分への怒り。

ちょっと整理できたかな。

これをバネに高く飛び上がることができるように、自己研鑽に励みます。
posted by yoshiharu at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

百均vs鈍器

おかけん(仮名)が静電気で苦しんでいると知り、
静電気除去バンドをプレゼントしてあげたことがあります。

最初にドンキホーテで見た時は七百円くらいしたので、
なんか高いなぁと思って買いませんでした。

その後、ドラッグストアで三百円で売ってるのを見つけ、
お?いいじゃんと思って買ってあげました。

で、昨日。百円ショップで売ってるのを発見しました。
ドンキホーテが安いってのは幻想なんでしょうか。
posted by yoshiharu at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

トラックバック

トラックバックの仕組みがまだよくわかってない。
トラックバックのやり方はわかった。
トラックバックの意味もわかってるつもり。

でも、なんでトラックバックされるのか、
その仕組みがよくわからないんですよ。

ま、他にも仕組みのわからないものは色々あるか。
posted by yoshiharu at 18:32| Comment(1) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

やるやらない

自分の言ったことを
必ずやる人と、なかなかやらない人と、
こちらから言わないとやらない人と、
お願いしてもやらない人がいます。。。

俺も言った事はちゃんとやらないとな。
posted by yoshiharu at 16:51| Comment(6) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

足るを知る

なんか調子の良い時って、何でもできるような気がして、
自分のポテンシャルはこんなもんじゃないって思って、
さらに上、っていうか、今の自分以上のものを求める。

そうやって人は成長するんだと思う。

でも、そういう時であっても、ふとしたタイミングで
自分のダメなところとかが見えて、急に落ち込んだり
することもある。すごく凹む(別に今は凹んでない)。

求めすぎると足りないような気がするし、
かと言って、
求めないでいると成長できない気がする。

物質的な欲求に関しては「足るを知る」ことが肝要で、
精神的な成長に関しては「足りること無し」なのかな。
posted by yoshiharu at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

色んな商売

不忍池の周囲で暮らすホームレス達を見ていて気づいた事
・ホームレスに古本を売り歩く人がいる
・ホームレスから金とって散髪をする人がいる
・ホームレスのラジオ修理とか靴の修繕する人がいる

おそらく彼らもまたホームレスなんだと思います。
散髪の値段を聞こうと思ったんですが、聞けずじまい。。。

北京でも青空床屋があったけど、5〜10元だったなぁ。
日本円で100円前後か。不忍池のほうが安いのかな?
posted by yoshiharu at 18:33| Comment(3) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

老夫婦

いつもは定期券かSuicaで改札を通り抜けますが、
今日は券売機で切符を買う必要がありました。

3連休の中日(なかび)で朝からそこそこの人出。
私の前には切符を買おうとしている老夫婦がいて、
彼らが終わるのを待ってたのですが、もたもたと
していて、なかなか買い終わりません。

急いでたらイライラするとこですが、急用もなく、
わりとリラックスした気分だったので待ちました。
でも、なかなか終わりません。しばらくしたら、
隣の券売機が空いたので、そちらに移動しました。

どーしたのかなー、と思って、横からのぞくと、
(たぶん)老眼で字が読めない様子です。
「ドコまで行くんですか」と聞いて、替わりに
切符を買ってあげることにしました。

間違ったボタンを押していたので、取り消しの
ボタンを押して、投入したお金を戻しました。
そのお金をつかんで、また投入しようと思い、
釣銭返却口に手を伸ばしたら、、、

その手を、爺さんにさえぎられました。

そこにあったお金は500円なんですけどね。
まぁ、物騒な世の中ですし、色んな詐欺師が
跋扈してますし、親切な振りして騙すような
輩がわんさかいる現代日本ですからねー。

とりあえず、爺さんにまかせることにして、
100円玉が5枚投入されるのを待ちました。
210円の切符を2枚。無事に買えました。
お礼を言われ、次に自分の切符を買いました。

改札に向かう途中で老夫婦を追い抜きながら、
まぁ、こうやって悪人に遭遇する危険性から
身を守ることのできる爺さんと一緒ならば、
婆さんも安心だなぁと思いました。終わり。
posted by yoshiharu at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

今年1つ目の格言

新年早々 夢の無い格言ですが・・・・・
「あなたが明日会う人々の四分の三は、『自分と同じ意見の者はいないか』と必死になって探している。
この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である。」
By D.カーネギー

四分の三かどうかは別として、そういう人は多いですね。
イエスマンが出世するのも道理ってことですか。

「反対意見が聞きたい」と言う人を前にしたときには、
本当に聞きたがっているのかを見極める必要があるのかも。
posted by yoshiharu at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

素人考え その参

上野の不忍池のあたりを通るのですが、
あそこにはホームレスがたくさんいます。

ふとしたきっかけで、そのうちの1人と
挨拶を交わすようになりました。
彼がどこから来たのかは知らないけれど、
ある日、家に帰りたくなくなったんだと。

きっかけはリストラだと言っていました。
具体的にはわからないけど予想では・・・
次の仕事が見つからず、だんだんと家に
帰るのが苦痛になってったのではないかと。

「こっち側に来るのはけっこう簡単だぞ。
 気づいたら外で寝るようになってたんだ。
 そっちに戻るのは大変だけどな。」って
言ってた。苦笑いみたいな笑いを浮かべて。


ホントは「人的資源の越境移動」についてと、
「各産業の利益効率差」について考えたけど、
俺の脳味噌では、まとめきれなかったので、
とりあえず考えるきっかけになった出来事を
書いてみました。また、そのうち書きます。
posted by yoshiharu at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

素人考え その弐.伍

もっともっと、先人が考えてきたことを勉強しなければ。
自分の頭だけで考えていては効率が悪いよね。

自分で見たり、自分で傷ついたり、自分で驚いたり、
自分で考えたり、自分で味わったり、自分で挫折したり、
自分で自分で自分で自分で自分で自分で。

なんで自分で経験しないと納得できないんだろう。

他人の脳味噌を使わないと。
一生のうちで自分だけで経験できることなんて、たかが知れてるのに。。。
posted by yoshiharu at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

素人考えその弍

それなのに、今なんとなく不平等な感じが強まっている原因は、
資本主義にあるのではなく、再分配の仕組みにあるのだと思います。

簡単に言えば、税法・税率、そして社会保障制度や医療保険制度。
こういったものは弱者の視点で考えなければいけないと思います。

「稼げないのは頑張ってないからだろ?俺は頑張って(工夫して)儲けたんだよ。
それなのに、なんで頑張らないやつの分まで負担しなきゃダメなの?」

↑こういう考え方をする人がいたらは、いかにも成金っぼいですね。
由緒ある金持ち(?)は、もっと気前良く負担している気がします。

苦労して金持ちになった人は、金持ちになった後は気前が良く、
労せず金持ちになったヤツは、金持ちになった後はケチなのか?

いずれにせよ、問題なのは富の再分配だと思うのです。


もう一つの問題は、資本主義が株主資本主義っぽくなってることだと
思うのですが、ここらへんは勉強不足で、よくわかりません。
posted by yoshiharu at 01:03| Comment(5) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

素人考えその壱

他人より頑張って長い時間はたらいたら儲かる。
誰も思いつかなかったことをやったら儲かる。
みんな嫌がるけど社会に必要なことをやったら儲かる。

儲かるとか儲けるとかいう表現が適切かどうかわかりませんが、
貴重な成果や重大な貢献には、相応の評価と報酬が必要でしょう。

この考え方は(少なくとも既存の)共産主義とは違うようです。
だからと言って資本主義かと言うと、それも違う気がします。


不動産や金融證券などを多量に保有する人を資本家と呼ぶなら、
資本家は不労所得を得ることが容易な点で、労働者と異なります。

これが資本主義の特徴なのであれば、莫大な相続税が課されて、
富の再分配が行われることで、一定の公平性が保たれるはずです。

もちろん完全な平等にはなりませんが、それを目指す仕組みは、
資本主義の世の中でも、充分に実現できるのではないでしょうか。


それなのに、今なんとなく不平等な感じが強まっている原因は、
資本主義にあるのではなく、再分配の仕組みにあるのだと思います。
posted by yoshiharu at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

思想

「あなたは思想を持っていますか?」と聞かれたら、
私は「はい」と即答することはできないと思います。
でも、やはり思想を持ってます。持とうとしてます。

まぁ、質問されるタイミングや文脈にもよりますが。


思想が違うからという理由だけで闘争が起こり、
そして戦争へと発展した歴史から学んだので、
思想を持つこと自体を避けているのだろうか。

なんとなくカタイ感じがする言葉ではあるし、
とっつきやすいものではない。思想とは何か。
価値観。主義。主張。どれもカタイ単語だ。

思想って何なんだろう。つきつめていくと、
(って、先人が何度もつきつめたんだろうけど)
「どうやって生きるか」ってことだと思う。


価値観が多様化し、貧富の差が広がっている今、
「どうやって生きるか」はすごく大切だろう。

これを見失うと、簡単に不幸せになるだろうし、
きちんと持てば、誰でも幸せになれるはずだ。

思想を持つということが、今こそ必要なのだと
思う。この時代に、この惑星で生まれた私には。


いよいよ世界中を巻き込みながら大国への道を
進み始めた国。かの国の住人は知っているだろうか。
この国からは「銭」以外の思想が消えかけている。

果たして、私の生まれた国は違うと言えるのか。
「どう生きるか」を自分の価値観で捉えなければ。
posted by yoshiharu at 17:57| Comment(8) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

想像力

過去が現在だった時、今の俺がその場にいたら、どう考えたのだろうか。
現在が過去になった時、今の俺の行動に対し、俺はどう考えるのだろう。
posted by yoshiharu at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

カッコいい「おっさん」

私も30台になり、名実ともに(?)「おっさん」の入口に立ったところです。
カッコ良く年を取りたいなぁと思ってますが、その見本になる人はあまりいません。

が、あまりいないだけで、全くいないわけではなく、この5年間で二人いました。
条件を甘くすれば(何様だって感じですが)、他にも三人くらいはいましたね。

最初の二人のうちの一人は、照明ディレクターと呼ばれる仕事をしていまして、
私は通訳として、彼の下で彼の指示を中国人のスタッフに伝える仕事をしたのです。

日給+時間外手当のアルバイトでしたが、残業代が恐ろしいほどついた仕事でした。
四日間、ただでさえ短い睡眠時間を削って、毎晩そのディレクターと飲みました。

スタッフ間の摩擦や想定外の問題などもありましたが、なんとか成功しまして、
そのイベントの主催者には、どうやら、いつも以上の感謝をされたようです。

そのおっさんの何がカッコ良かったか説明するのは簡単ではありませんので、
彼がイベント後、照明スタッフを前にどんな話しをしたのか簡単に紹介します。

「俺達の仕事はミスを取り返すことのできない仕事であり、本番でのパフォーマンスが全てだ。しかし、俺達が心掛けなければならないことは、本番でミスをしないことじゃない。本番でミスをしない為に準備することだ。ミスを悔いるのではなく、ミスを招いた準備不足を反省しなければならない。」

実は、本番で中国人スタッフが小さなミスをしたんです。一瞬のことでしたが。

中国随一の照明技術を持つという自負のある彼らは、けっこう自信家でしたが、
ディレクターは、三日間という短い期間で、中国人スタッフの心をつかんでました。

三日目には既にみんな、ディレクターから技術を学ぼうと必死な様子でしたし、
ディレクターも惜し気なく披露してました。通訳の私にとっては大変でしたが。

今でも照明用語に限定すれば、私は中国語−日本語通訳でそこそこの腕かな???

話が逸れました。

謝ることを嫌うと言われる中国人スタッフが、イベント終了後に私を呼んで、
「ディレクターに謝りたいから通訳してくれ」と真面目な顔で言ったのです。

彼の謝罪を聞いた後、ディレクターがみんなを集めるように指示しました。
そこで話したのが上記の話です。ミスをしたスタッフは涙ぐんでいました。

他にも話があったのですが、ここでは省きます。
俺もカッコいいおっさんになれるよう精進します。
posted by yoshiharu at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

上野公園

シベリアから飛来した渡り鳥が上野公園でひなたぼっこしてます。
そして、たくさんのホームレスもひなたぼっこしてます。

おととい、ちょっと話をしたホームレスに、今日も会いました。
とっても話をしたそうでしたが、急いでたので挨拶だけでした。


私は10日間ほど東京を離れ、上野公園を通ることは無さそうです。
次に通るのは、まさに年の瀬。

そのホームレスの家族は、父のいない正月をどう過ごすのだろう。
posted by yoshiharu at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

締め切り

何事も自主的に締め切りを作るのが大切ですな。
他人(お客など)が決める締め切りを守るのは
当然として、自分で締め切りを決めないと。。。
posted by yoshiharu at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。