2011年11月02日

ワイパー

2011110207420000.jpg

さて、今日もオフィスまで運転。今日こそ曲がるときにワイパー動かさずに行けるかな。

日本じゃ絶対に乗らなそうな車をチョイス。
posted by yoshiharu at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

オマハ・エプリー空港にて

2011103115430000.jpg

で、レンタカーで空港を目指したんだけど、出るランプを間違えて高速道路の立体交差をグルグルまわるハメに。このGARMINってブランドのナビゲーションはマジ不親切で、逆にナビ無い方がマシかも知れない。

レンタカーの返却も簡単すぎて不安になる。ホテルのチェックアウト同様に紙切れを渡されるだけ。ガス代とかは後で計算されてクレジットカードで精算ってことなんだろうけど。。。これを「便利」と呼ぶのだろうか。

そんなこんなでネブラスカに初上陸。一気にアジア人が減って、黄色人種は一人しか見かけなかった。って言うか、白人率が圧倒的に高い。都市部だけ見てたらアメリカの全体像は見えないだろうなと感じる。

と思ったらスーツケースの持ち手が壊れた。ん?壊されたのか?まぁ、北京留学以来、13〜14年も使ったからいいか。。。早いとこ買わないと不便で仕方ない。為替介入の影響が急に大きくなったな。

バフェットおじさんの出身大学は見れなかったけど、空港に大学の広告があったから添付しときました。オマハ滞在は8時間のみで、これからまた移動です。
posted by yoshiharu at 06:28| Comment(5) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

シカゴ・オヘア空港にて

2011103106520000.jpg日本では月曜の夜だけど、シカゴは月曜の朝6時。長い1週間の始まりです。しかし、このタイミングで為替介入って。。。帰国してからにして欲しかったぜ。ま、別に大金を使うわけじゃないから、誤差みたいなもんだけど。

時差ボケが抜けないまま、午前3時に起床。シャワー浴びてパッキングして、ホテルをチェックアウト。当然なんだけど、なんか日本と勝手が違うと言うか、戸惑う。日本だけじゃなくて、他のアジア各国とも違う気がする。

確かにチェックインの時にクレジットカードのサインしたし、なんか数ヶ所にイニシャル書かされたけど、チェックアウトの時には簡単な明細を渡されただけで終了。。。え?って思って、ミニバーの精算は?とか、クレジットカードの明細は?とか聞いたんだけど、後でチェックして精算されるから大丈夫!の一言で終了。これって普通なのだろうか?

ま、帰国前日にまた泊まるからいいか。と思ってホテルを出る。で、レンタカーを停めてるからパーキングに行って車を受けとる。左ハンドルの運転は緊張する。。。
と、ここで搭乗案内。続きは後ほど。記念すべきアメ車第一号はドッジのアベンジャー。ほんの120マイルしか運転しなかったけど添付しときます。
posted by yoshiharu at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

初フィリピン

なかなかチャンスが無くて今まで行ってなかったけど、初めてフィリピンに行きます。朝から晩まで会議で、ホテルから出る時間は大して無いかも知れないけど、せっかくだから、街を歩いたり屋台で買い食いしたり、バーに行ったりする時間を作るようにしたい。

マルコスとか、イメルダとか、アキノとか、なんか小さい時からニュースなどでは身近な国なんだけど、今まで接点があまり無かった。フィリピンからの留学生が大学にいたけど、積極的に絡むことができないまま卒業してしまった。

正直に言って、イメージが全然わかない。海外で出稼ぎしてる人からの海外送金額がGDPの何割も占めるってニュースとか、国民投票かなんかで、スービックにあった米軍基地を閉めさせたニュースとか、断片的な印象しかないんだよね。

あとは、日本に働きに来てる飲食サービスの女性達とか、日本人との国際結婚のイメージもある。中途半端なイメージの組み合わせでは、その国の姿ってわからないね。とりあえず食文化くらいは楽しんで来たいな。
posted by yoshiharu at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

2011年08月30日

無題ですな、今日は。

2011050309370000.jpg
posted by yoshiharu at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

気づけば

また月が。。。

ちょっと欠けてるかな。満月前なのか満月後なのかわからないけど、たぶん満月前。あと1〜2日で満月になるんじゃないかなって気がする。根拠は無いけど、今から満月になる月なんだろうって、ただ、そう感じる。

なんか夜空が気になって上を向く時って、何故か満月の日や、その直前の日が多い。いや、上を向くって言うか、なんか視線みたいのを感じて振り向くと月がいる。オカルトみたいだけど、ホントにそうなんだよね。

疲れた時は満月にしか気づかない。元気がある時は意外と三日月とか、ほぼ新月でも目に入るんだよね。まわりを見る余裕があるのかも知れないね。

ふと気づいて見上げたら欠けていく月だった時って、たぶんなんかリズムが乱れてる時なのかなって思う。
posted by yoshiharu at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

つき

小さい頃から気付いてたこと。俺が同じ方向に向かって歩き続ける限り、月は、常に同じ角度を保った場所にいること。いつ習ったのか忘れたけど、俺の移動する距離なんて、月→俺の距離と比較したらゼロに等しいから、角度は変わらないらしい。まあ、1時間に15度は動くらしいけど、ゆっくり過ぎて差を感じられない。なんか見守られているみたいで、月を意識するようになったのを覚えてる。

最近になってふと気付いたこと。俺が進む方向を変えると月の見える角度が変わること。そんなの当たり前なんだけど、なんか急に気になった。ほんと大したことじゃないんだけど、自分はまっすぐ進んでるつもりなのに月の見える角度がどんどん変わっていって、なんかアレ?って思った。

まっすぐだと思ってた道が、気付かないくらいに少しずつ曲がっていた場合、月が照らしてくれなかったら、俺は気付かないだろうなって思った。たぶん、まっすぐ歩いてない自覚があるから、なんかふと、そう思ったんだろう。子供の時に見守ってくれてた月は、もう無い。
posted by yoshiharu at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

また7月が巡って来た

7月は故秋野豊氏が産まれた月であり、また亡くなった月でもある。まだ存命であれば61歳か。俺らも年とるわけだ。生前の秋野先生のことは4年ちょっとしか知らないし、交わした言葉や共に過ごした時間なんてのは、ほんの僅かしかない。亡くなってから13年近く経ち、なぜか生前よりも身近に感じる。特に、この4年間くらいは、折々、彼の生き方を考える。

素敵に年をとりたい。老いていくことは、少しづつ何かをわかることであり、少しづつ何かを諦めることかも知れない。俺も自分に言い訳しながら、随分と色んなことを諦めてきた。そんな自分を慰めるためには、今を必死に生きるしかない。そんな簡単なことじゃないよ。自分で好きになれる自分でいることは、今の俺にとってはラクなことじゃない。

回り道しながらも、なんとか目指したい方向に向かって歩んでるつもりだったけど、突然、扉が閉ざされてしまった。今の環境は俺にとっては苦行というか修行みたいなもので、その先の道があると思えたから何とかもってたようなものだった。今の自分は何だか他人みたいだ。かなり足下が覚束ない。足を踏み外す前に、何か見つけないと。

誰もヒントはくれない。自分が自分自身を納得させられるか。諦めるのは簡単だし、色々と諦めた方がたぶん健康にもいい。心が欲するものを魂も欲しているのか。身体は間違いなく休息を欲してるよ。
posted by yoshiharu at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

人は成長するのだろうか

電車の中で小さい兄弟を見かけた。弟は兄のゲーム機を使いたくなって、なんかギャーギャー騒いでる。たぶん小学1〜2年生の兄は弟にゲーム機を貸す。長兄の余裕っていうのか、なんか微笑ましい光景だった。

しばらく経って、兄はまたゲーム機で遊びたくなったらしい。弟の持ってたゲーム機を取り戻そうとするが、弟は離さないので、最後は腕力で奪い取る。弟は兄をバンバン叩くが、兄は抵抗せずに叩かせるまま。

兄がゲーム機を背中に隠して、弟の方を向こうとした瞬間、弟の手が兄の目のあたりにヒットした。兄は痛みと怒りで弟の頬を殴り、弟は痛みと驚きで動きを止める。そして数秒後、母に抱きついて号泣を始める。

どこにでもある光景なんだろうけど、例えば10年後に同じ兄弟は18歳と16歳くらいになってるわけだが、同じようにするだろうか。たぶん、経過も結果も変わるだろう。その変化を成長と呼べるだろうか。

右の頬を打たれたら左の頬を出しなさい。あなたを傷付ける人は、あなたより腕力があるかも知れないが、あなたより弱い憐れむべき人であるから、その人を赦しなさい。という教え。。。実は上から目線っぽい。

逆に、先手必勝という教えもある。殺される前に殺すことで平和を維持するが、それは相手にとっては平和でない。。。復讐を是とすることで抑止力効果を期待している教えもある。目には目を、歯には歯を。

人の成長って何だろう?って思う。。。欲しがること自体は悪じゃない。何かが欲しいから頑張る。。。貸すことも悪じゃない。方法によるが、対価として威厳や感謝を得ることが可能だ。

自制して、借りたものはなるべく早く返す。感謝の気持ちがあればできること。。。貸したら自発的に戻されるのを待つ。貸す目的が借りた本人を満足させることであれば良いが、自己満足で貸してたらできない。

腕力で人から何かを奪う人間は、腕力で奪われることを容認しなければならない。そうでないと自分を正当化できない。。。不満を暴力で表すことによって、さらなる暴力を招くことなると覚悟しなければならない。

怒りに任せて暴力をふるう人間は、相手を傷付けることによって自分が何を得られるのか深慮する必要がある。暴力の対価は何か。。。そして、守ってくれる人は、いずれいなくなることを覚悟しなければならない。

くだらないことかも知れないけど、電車の中での兄弟ゲンカを見て、色々なことを考えました。やり方が違うだけで、オトナの社会も兄弟ゲンカと実は本質的に大して変わってないかも。人って成長するのかな。
posted by yoshiharu at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

SUNNY SUNNY ANN!

このブログを読んで下さっている方の中には、漫画なんか読まないって人もいるだろうけど、私は漫画を読みます。全ての漫画が素晴らしいとは思わないし、くっだらない漫画もいっぱいあると思いますが、心を揺さぶる作品とか惹き付けて離さない作品とかもあるので、今日は漫画の話について。

過去のブログで、雪児という方が描いた「チャイ・スー」って作品のことについて書きました。たしかサラリーマンなりたての頃だったと思います。すごく元気が出る漫画で、心を揺さぶられる作品だったんだけど、あれ以来、雪児作品にはお目にかかってません。良い漫画を描き続けるってのは相当大変なんだと思います。また新しい作品が読めたら嬉しいんですが。。。

いま普通に書店とかで入手できる作品だと、幸村誠という方が描いてる「VINLAND SAGA」がお気に入りです。戦記モノなので、どちらかと言えば男性向けなのかも知れませんが。。。この方のことを知ったのは「プラネテス」という作品からでしたが、この作品はマジで泣きました。

今は週刊誌で漫画を読むよりも、ネットで単行本を買って部屋で読むので、新しい作品に出会うことが減ってしまったのが悩みです。Amazonや楽天もロボット的にオススメしてはくれるのですが、何かオススメあればコメント欄に頂ければ嬉しいです。

で、今日のタイトルに戻りますが、山本美希という方が描いた「SUNNY SUNNY ANN!」という作品が素晴らしかったので、久しぶりに漫画の話題にしてみました。たぶん「チャイ・スー」について書いて以来だと思います。5年ぶりくらい。なんていうか、心を鷲掴みにされる感じでした。今まで気に入った作品とは系統が全然違うんですが、この方の新作を読みたいなと強く思いました。
posted by yoshiharu at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

人を攻略する

書きかけて、下書きボックスから削除されたブログ原稿がたくさんある。なんで削除してしまうかと言うと、後ろ向きなことを書いてしまい、読み返してるうちに消したくなるから。
なんか前向きなことを書こうと思うんだけど、マイナスオーラが出まくってて、どうしても愚痴っぽくなってしまう。こうして立派なサラリーマンが完成していくのだろう。
自分にレバレッジかけてるつもりだったけど、これは効率のレバレッジだったかも知れない。同じ時間で多く処理することや、同じスキームの中で多くのプロフィットを得ることなど。
でも、これからはレバレッジのかけ方を見直さないとね。組織の中で人と関わる以上、まだまだ身につけないといけないスキルがある。良い人ばかりじゃないから、人を攻略してかないと。
1対1の時の関係性と、複数が同じ場にいる時の関係性は違うし、人間って自分を守るためには嘘をつけるように設計されてる気がする。。。そんなことを考えて寝れなくなりました。
posted by yoshiharu at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

コウインヤノゴトシ

楽しい時間ってのは、あっという間に終わることが多い。
posted by yoshiharu at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

ダイビングヘッド

ワールドカップとかAFC杯の時だけのにわかファンで、サッカーの試合はミーハー的な視点でしか見てなかったし、これからもそれは変わらないと思うけど、岡崎選手の記事を読んで、なんか心を動かされた。彼の座右の銘は『ダイビングヘッド』だそうだが、座右の銘がダイビングヘッドって凄いなぁって思った。ダイビングヘッドしたことないけど、ダイビングヘッドな人生ってカッコいいよ。
そんなことで心を動かされるなんておかしいかも知れないけど、俺もリスクをおそれずにダイビングヘッド決められるような、強い気持ちで取り組んで行きたい。怪我してもいい。外すかも知れない。でも、ダイビングヘッドしなきゃいけない時ってあると思う。比喩ではなくて、イヤな上司にダイビングヘッドかましたくなる時はあるが。。。
同じチームワークでも、会社に所属してるとスポーツとは違って、試合時間が決まってないから無駄に考える時間があったり、チームの人数も決まってないから必要以上に余計な人がいたり、絶対な存在の監督がいないから規律がなかったり、得点を決める際の明確なアクションが見えにくいから責任の擦り合いが起こったりするけど、会社でもダイビングヘッドするチャンスってあるよね。
まわりをよく観察して味方も敵も人の動きをみること。フィールドのコンディションを確認すること。ルールをよく知り従うこと、時には反則すれすれのことも必要かも。飛び出すタイミングは勇気を持って、でも無謀ではいけない。フィールドに出る前にはしっかり練習を積み重ねること。どれも会社員に通ずることだと思う。俺もダイビングヘッドしたい。そのためには今以上に真剣に取り組まないと。
posted by yoshiharu at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

通勤時間

家から会社までの往復で、1日あたり70分ちょっと電車、というか地下鉄に乗ってます。朝は新聞、夜は本を読んでることが多いけど、こうしてブログなんか書いてみる日もあります。でも、ブログ書こうとして書き始めても、けっこう書きかけた下書きを消してしまうことの方が多いかな。たぶん、書いてるうちに自分の中で消化してしまって、どうでもよくなってしまうんだと思う。そんな風に消してしまった書きかけのブログ達も、もしかしたら俺の中では重要な役割を果たしているのかも知れません。消化しきれないまま家に帰るよりは、どうでもいいやって思えるようになってから帰る方が健全な精神を保てるかも知れないからね。
posted by yoshiharu at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

その一瞬は繰り返せないわけだが、

一瞬の積み重ねが時を刻んで年月を経ていくんだよね。当たり前なんだけど。
無為に過ごす一瞬もあって、それもまた別の一瞬を光らせるかも知れない。
とは言え、無為に過ごす時間が多すぎると、のちのち響いてくるんだろう。
あまりストイックな性分ではないので、自分を追い詰めたくはないけれど、
いたずらに無為な時間を作らないようにしよう。今更だけど改めて書いてみた。

どうも最近は、考え込んでみたり、自問自答したり、気付かぬうちに自己を
正当化するような理屈を探していたり、逆に逃避したりしてる気がする。
こんな一瞬の積み重ねが、将来の自分を形成する上で響いてくるんだろう。
posted by yoshiharu at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

捨てる。って言うか、放棄する。

何か考えようとしても、アタマが考えることを拒否してるような感じがする。会社での1日の仕事が終わると同時に脳細胞が働くことを止めてしまってる感じ。考えることができなければ悩むこともない。

会社では情報が嵐みたいに押し寄せて来ていて、取捨選択しながら、反応すべきものに反応して、その結果に対する反応も含めて、判断や行動を連続して行う。数字上の損した得したみたいなデジタルな世界だけじゃなくて、社内も社外も人間の感情が重要だったりするから難しい。

当たり前のように行っているけど、ものすごい勢いで情報を切り捨てている。いちいち反応してられないし、自分の業務に関係なければ、誰が何を思ってても気にならない。捨てている情報がいかに多いことか。
posted by yoshiharu at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

またシンガポール

会社員として仕事をするようになって、学生の時には行ったことない国にも行くようになった。仕事で行く外国は基本的に楽しめないけど、まぁ出張とは言え初めて行く街は今でもドキドキと高揚するかな。
で、前は海外と言えば中国ばかりで、正直言って何回入国したか覚えてないくらい中国に行ったけど、今はシンガポールに来る回数が増えてきた。今の会社に所属している限りは、まだこれからも来る機会が増える気がする。
で、シンガポールが好きかと聞かれると、かなり微妙だね。中国は仕事じゃなくても行きたいと思うし、街によっては住みたいと思う街もある。でも、シンガポールは仕事以外では絶対に来ないだろうと思う。なんか、アウェイ感があって溶け込もうという気になれない。
確かに住みやすい街だとは思う。ただし、お金があれば。という条件つきだけど。あと、中国語と英語が両方とも話せれば、住みやすさは飛躍的に増す気がする。ジム・ロジャースが子供を育てるためにシンガポールに家を買ったってのも、なんとなくわかる気はする。
でもね、なんか俺の中ではしっくり来ないんだよね、この国の雰囲気が。経済にせよ政治にせよ、教育や治安にせよ、今の日本に比べれば相当いい国だとは思うんだけど、まだ国ができてから間もないし、まだまだ国として味が出てくるのはこれからなのかもね。

今までは仕事ばかりで、そんなことを考える余裕も無かったけど、今回は不思議とアウェイ感をあまり感じなくて、少し余裕が出てきた気がする。
posted by yoshiharu at 21:25| Comment(6) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

西へ東へ

携帯を新しくしてから、ブログを更新してませんでした。いつも携帯からブログ更新してたんだけど、なんか新しい携帯からの更新方法がわからなくて放置してました。
この数ヵ月の間に色々あったけど、ブログに何を書いたらいいのかわからない感じ。たぶん大した出来事はなかったんだろうな、と思います。日々の日常の延長だったのでしょう。
とりあえず、俺は生きてます。サラリーマン生活も5年ほどになり、なんか違う自分になってきたのかも。今の自分って、なんか他人みたいな気もする。
また、思ったことをメモする感じで、ブログ更新していきたいな、と思ってます。またインターバル空くかも知れないけど、なるべく継続したいですね。
posted by yoshiharu at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

なんか微妙にずれてきてる

もしかしたら微妙なずれじゃないのかも知れないけど、なんかずれてきてる。たぶん、ずれちゃいけないトコだと思う。
今の仕事してると、なんか自分の意見や気持ちを隠すことが多くて、相手が言って欲しそうなことを言うことが多い。と言うか、自分のことなんか全く見せてない。
だからなのかは不明だけど、最近は自然体な自分を出すのが難しい気がしてる。何も隠す必要がない相手に対しても、なんか表面的な感じになってしまう。
しかも、今の自分のことを好きになれないから、誰かにほめられたりすると、すっごく居心地が悪くなる。こんな俺のことを良く言わないで欲しいと思ってしまう。
どんなにツラい毎日でも、どんなにイヤな日常でも、せめて自分のことを好きでい続けたいよね。それができないと、ホントに色んなものがずれてくるよ。
posted by yoshiharu at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。