2013年01月20日

ありがとう。

しばらくぶりにblogを書きます。

友人が天に召されました。その友人は病と闘っていましたが、辛さを微塵も見せずに、最期まで凛々しい姿でした。励ましのメールを送ると、返事が返ってきて逆に励まされました。本当に素敵な人でした。年末にお見舞いした時も、暖かい気遣いをしてもらって、落ち着いた時間を過ごせました。辛かったはずなのに、なんであんなに人に優しくできたんだろう。

故人の優しさは、その類いまれなる共感力によるものだったのだと思います。驚いたことに、痛み止めを飲むことで消されている『痛み』にまで、故人は想像力を働かせていました。この上なく素晴らしい笑顔を人に見せることができる人でした。あの笑顔に癒された人は多いだろうと思います。あの笑顔を見た人で、癒されない人はいなかったかも知れません。

滅多に弱気を見せなかった故人ですが、1度だけ『志半ばの半ば』という言葉で無念さを滲ませたことがありました。『身体を治して続きを全うしよう』とも、『充分にやり遂げたじゃないか』とも言えず、何も声をかけられなかったことが、少し悔やまれます。子供達の成長を見届けられないことが、2回目の『半ば』なのかなと思うので、その分は微力ながら残された我々が手伝いたいです。

もう返事が来ないのですね。あなたからの返事が楽しみでした。最期の半年間、メールをやりとりできたことが、私にとっては宝物です。あなたは、身を削って返事を書いてくれていたのですね。あなたが与えてくれた優しさのおかげで、私はこれからも強く生きて行くことができます。私の迷いを、私の自信を、私の挫折を、私の希望を、私の弱さを、私が進むべき道を、私が失った何かを、、、全てを肯定してくれましたね。

友よ、あなたが旅立つ数時間前に、私はメールを送りました。まさか、その日に旅立つとは思っていませんでした。もう返事はありません。あなたのことだから、返信できなかったことを悔やんでるかも知れませんが、そんな心配は無用です。あなたからは既に充分すぎるほどの返信をもらってます。もう大丈夫。今まで甘えさせてもらって、本当にありがとう。どうか安らかにおやすみ下さい。

故人の冥福を慎んでお祈りし、以上をもって、私なりの弔辞とさせて頂きます。
posted by yoshiharu at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

チェンナイからシンガポール

金持ち、つまり自分より多くの資産を持つ人に接した時、そいつから資産を奪おうとするのが露国人で、そいつの真似して資産を得ようとするのが中国人で、そいつから恵んでもらおうとするのが印度人。。。勿論、かなり強引な一般化なんだけどね。さて、日本人はどうだろうか。資産家を蔑む傾向があったと思うけど、今でも続いているのかな。

97年の中国では、なんとなくだけど経済発展の波って言うか、裕福になりたい!っていう意気込みを感じたよね。なんか工夫して金儲けブームに乗ろうとしたり、後先を考えずに事業を興してみたりと、自ら裕福になろうとしていた気がする。しかし、印度は裕福になる順番を待ってる感じかな。。。中国と印度を両方とも知ってる人に改めて感想を聞きたい。

そんなこんなでチェンナイを離れ、シンガポールに移動しました。ビジネスで来ると過ごしやすい国だけど、プライベートで来ると過ごしにくいね。世の中にはマネーで解決できる問題が沢山あるってことが理解できる国。今回はプライベートだったので、バスにも乗ったし、安宿だったし、メシも基本は粗食だった。シンガポールにも、あんなに粗悪な環境のエリアがあるんだね。

旧友との再開。6年ぶりだったけど、ホントに楽しかった。なんだろう。自分に無いモノを持つ人の話を聞くことって、すごく刺激になる。もちろん、似たような感覚を持った人と話すことも好きなんだけど、、、『そういう考え方もあるんだね。』っていう発見は、たぶん俺の幅を広げてくれる。新しい価値観や、異なる価値観を、素直に吸収できる状態でありたい。

その人が重視するポイントが、俺にとっては極めてドーでもいーことだったりするんだけど、逆もまた真であるんだよね。俺にとっては替えがたいほど大切なモノが、ある人にとっては無価値だったりする。だからこそ、他人の感情を傷付けたりするんだろうし、争いが起きたりするんだろう。。。相互理解するためには、ジョンが言う通りイマジンが必要だよ。これは大いなる真実だと思う。

話がずれたけど、シンガポールでは人と会うことだけが目的だったから、観光ゼロでジャカルタに移動しました。シンガポールでは、友人達とそれぞれメシを食べたことしか覚えてないな。。。で、インドネシアで3カ国目。時間を割いてくれた友人に改めて感謝。もちろん、チェンナイとシンガポールの友人にもね。。。実は明日から、またジャカルタです。今回は出張だけど。
posted by yoshiharu at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

チェンナイ初上陸

もう4ヶ月も経つのか、あの(物理的に)熱い日々から。。。もう随分と記憶が曖昧だけど、インドに行ってきました。プライベートでは初めてのインド。。。チェンナイ、チェンマイ、チェンライと紛らわしい地名がアジアには幾つかあるけれど、今回の訪問先はチェンナイ。またの名をマドラス。

あんまり街をゆっくり見る時間は無かったんだけど、優秀なガイドがいたおかげでタミルの風習からヒンズーの文化、イスラムの教典までかじることができました。エレベーターに乗ると停電で閉じ込められるおそれがあるので、時間単価の高いエグゼクティブはエレベーターに乗ってはいけない(熱中症のおそれもある)。。。バナナの葉や、銀の食器には殺菌効果があるので、衛生上の不安がある時は、これらを備えたレストランで食事をとるのがエグゼクティブのマナー。ただし、手で食べ物を直に触れることが多いので、香りの強い石鹸で手を洗うと、せっかくの料理が美味しくなくなる。。。首を固定したままアゴを左右に動かすのは、エグゼクティブ的には『YES』のジェスチャーなので注意が必要。

天竺、インド、ガンダーラ、、、かなり昔から人類が住んでる場所なんだけど、生活水準がなかなか進歩しない。。。いや、この『水準』ってのが間違っているのかも知れない。エアコンとかビールとか、衛生とか美食とか、実はヒトがヒトとして生き、ヒトとして死ぬためには必要ないんじゃないかな。。。生きてるあいだに悩んだ!!ただコレだけで、ヒトとして産まれた価値はあるのだと思う。悩みに悩んで、沐浴したり、瞑想したり、行者になったり、ヨガしたり、嫉妬したり、やる気を失ったり。。。ヒトじゃなきゃできないことだからね。

続きも、そのうち書きます。
posted by yoshiharu at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

アジア6ヵ国周遊

5月11日から今日までの18日間でアジア6ヵ国を巡って来ました。これだけ短期間に異なる国を見れたことはホントに良い勉強になったし、友人達と楽しい時間を過ごせた。
訪問した順番に、インド、シンガポール、インドネシア、タイ、韓国、中国と周ったので、時間ある時に少しずつブログで書いて行きたいと思います。
アジアの潜在力は感じたし、色んな障害とかもある気がした。うまく系統だって咀嚼できるといいな。
posted by yoshiharu at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

題名なし

こんなにも強くやりたいことがあって、こんなにも長いこと思い悩んで来て、こんなにも知識と経験を積み重ねたのに、それでも辿り着かないってのは、やっぱり何かが欠けているんだろう。

それがわからないまま、俺の人生は終わってしまうんだろうか。自分に欠けているものを身に付けようと無理してるのに、むしろ逆へ逆へと進んでるだけのように思えるよ。まだもっと悩めと言うことか。
posted by yoshiharu at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

こころざし

『志=こころざし』って、英語では何て言うのかな。
posted by yoshiharu at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

hot wine

2012020214540000.jpg

20年に1度の寒波って言うけど、外を歩いてると確かに寒い。

こう寒いと、暖かい飲み物で身体を暖めたくなるね。。。
posted by yoshiharu at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

富良野vintage

2012012723480000.jpg

北海道で出会った、素晴らしく香り高いビール。
ホップ畑で摘み取りをしてるような気分になるくらいの薫り。
好き嫌いはあるだろうけど、一度は飲む価値あると思いました。
関東では買えないのだろうか。。。
posted by yoshiharu at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

メトロ

2012011513240000.jpg

写真はシカゴの地下鉄です。
ワシントンDCでインターンした時も思ったけど、シカゴの地下鉄もよかった。
なんか空気感が少し透明っぽいと言うか、、、好きだな。
posted by yoshiharu at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

出張中の食事

2012012422300000.jpg2012012422400000.jpg

ガンボ・スープ と ポーボーイ・プレート@ニューオリンズ

プレートについてきたジャンバラヤが美味かった。つーか、全般的にニューオリンズ料理は気に入りました。また行きたい街。
posted by yoshiharu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

全豪OPテニス

もちろん錦織くんスゴいし、頂点を目指して欲しいんだけど、伊藤くんが四大OP初勝利を挙げたことが喜ばしい。このまま成長して錦織くんを脅かすくらいの存在になるといいね。日本人プレイヤーの層が厚くなってくれたら、テニスのテレビ放映も増えるだろうし、さらなる底上げにつながるんじゃないかな。
posted by yoshiharu at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トム・ブラッドリー国際線ターミナルにて

なんか機材トラブルで離陸が遅れた。ただでさえトランジットの時間が短いのに、、、と思ったけど、焦っても仕方ないし、最悪トランジットできなくても、それはそれでアリかな、なんて思ってました。。。

が、とりあえず無事にトランジットできそう。今回も色んな学びがありました。また改めて時間を見つけて、ブログに書きたいと思います。
posted by yoshiharu at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

ルイ・アームストロング空港にて

いまさらだけど、アームストロングってすごい名前だね。家族の姓が“腕(アーム)強い(ストロング)“って、、、日本人だったら“剛力さん“って感じかな。

それはともかく、今回の出張は、最初の30時間以外は自由になる時間のほとんど無い出張でした。起きてる間はずっと仕事してた。最終日くらいは少し街を歩こうと思ったけど、翌朝が3時起床の予定だったから、ホテルのまわりを2〜3ブロック歩いただけだった。でも、やっぱり街を歩くのは楽しい。

とりあえずバーボン・ストリートを歩く。1人で歩くことは気楽でいいんだけど、入れるレストランが限られるのが悩みだね。「バーボン・ストリートを歩くのは危なくないけど、横路に入ると危ないよ。」と脅かされてたけど、少し横路に入ったとこで小さなお店に入り、オススメらしいのでザリガニ、オイスター、ナマズのフリッターを、ガンボ・スープと一緒にいただきました。以外に美味しかった!

そろそろ搭乗です。あとはLAXで乗り換え。国際線のターミナル、トム・ブラッドリーまで少し歩かなきゃいけないような記憶があるんだけど、トランジットの時間が短くて心配。。。
posted by yoshiharu at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

ニューオリンズに来ました

2012011903320000.jpg

初めての街ってのは、やっぱり面白いし、気持ちが盛り上がる。本番は明日だけど、なんか気が張って寝れません。。。しかも、ホテルの手違いで部屋が埋まってしまったらしく、マリオットのスイートに泊まってます。とにかく広い。。。5部屋あるんだけど、12人掛けのテーブルとかあって、ほんと無駄。角部屋で2面が全面ガラスなんだけど、なんつーか、、、まぁ見事なくらいに無駄ですな。

アメリカ資本の会社で働いてても英語が完璧に話せるわけじゃないので、やっぱり新しい言い回しとか単語とか、少しずつ学ぶことがあるよね。仕事で使う英語は自信があっても、日常会話とか専門外の話とかは知らないことばかりです。ので、新しく学んだ言い回しとかは、なるべくメモするようにしてます。

で、今回メモした新単語を公開しておきます。そんなの知らなかったの?って言われちゃうかも知れないけど、知らなかったんだから仕方ないね。つか、いま気になってるのは、これらを中国語では何て言うのかな?ってこと。糖尿病ってそのままタンニャオビンなのかな???クチコミって中国語では何て言うんだっけ?

TAG LINE
結び文句、スローガン。

BY WORD-OF-MOUTH(WOM)
クチコミ

ANOREXIA
拒食症

DIABETES
糖尿病

PIRACY
海賊行為、著作権侵害

CHURN
撹拌する
※RETENTION RATE/CHURN RATE

以上。
英語で商売するのは難しくないけど、英語で生活するのは大変だよね。糖尿病なんて単語、日本でも使うこと少ないけど、やっぱり知ってないといけない単語だよね。あと、パイレーツはわかっても、PIRACYが何を意味してるのか全くわからなかったのが悔しかったかな。。。あ、添付は今回の相棒です。
posted by yoshiharu at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

シカゴ・オヘア空港にて

シカゴには30時間の滞在でした。ほとんどホテルから出なかった。。。出張直前が忙しかったから、そのための休養と時差調整で、とにかくホテルで休むことに。

テレビをつけっぱなしで、少しでも耳が英語に馴れるようにしながら、酒を飲んだり、本を読んだり、寝たりしてたら、あっと言う間に出発の時間に。明日から始まる怒涛の日々の前に、ちょっとした休養。

空港に来る前にDEEP DISH PIZZAを食べたのが、唯一のシカゴらしいイベントだったね。ショボ過ぎて写真とるの忘れました。チーズが波打ってるのを見て食欲が減退しました。

もしかしたら常識なのかも知れないし、逆にローカルルールなのかも知れないけど、ピザのサイズでL/M/Sの下に I ってサイズがあったので、何か聞いたら、 INDIVIDUAL のことだそうです。

もちろんこれをオーダーしましたが、それでも食いきれなかった。。。では、今からミネアポリスに移動します。
posted by yoshiharu at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

すべてからたくさんのことを学べる

世界中のみんなが、俺の知らなかった何かを持ってるんだよね。良いことばかりじゃないだろうけど、必ず何かを学べる。と信じよう。
posted by yoshiharu at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

羊の下に我と書いて義

正義の反対は邪義(ジャギ)なんだろうか。結局のところ正しい義なのかどうかは自分にしか決められない。世界を敵にまわしたって自分が正しいと思える義があれば、それは自分にとっては間違いなく正義だろう。他人にとっての正義と同じである必要はない。

祖父は哲学に生きたと聞いているが、自分では哲学を学んだ気も修めた気も無かったらしい。自分にとって正しいと思えるものを見つけた人間は強い。世界を敵にまわしたってびくともしない。世界中が自分の味方になっても、やはり変わらないのだろう。

くらべるべくもないが、俺は救いようのないくらい弱い人間だと言える。世界を敵にまわす覚悟なんて無くて、世間に認められれば舞い上がること間違いない。もう36歳。随分と色んな価値観に振り回されてきた。自分の信じる道が揺らいでいるからだ。

これから残された時間で何ができるだろうか。自分の義を貫くことが、いや、自分の義を見つけることができるだろうか。今まで、人と接することで、人に求められることで、人に期待することで、人の想いを感じることで喜びを感じてきた。ほとんどが人だ。

今の生活には人がいない。顧客がいる。同僚がいる。上司がいる。でも人がいない。そんな生活を6年近くも、よく続けてきたもんだ。自分に無い能力や技術を身につけるための修行だと思ってたから続いたのだろう。この期間で俺は成長しただろうか。

俺には傷付けるべき敵はいない。中国への留学から帰って来てしばらく経った頃から、ただ飢餓と貧困を敵だと考えるようにしてきた。その敵はあまりにも強大で、なかなか闘う術がわからない。勇者の剣も、石板も、クリアするための攻略本もない。

まずは飢餓。飢餓を救うには食べ物が必要で、しかも食べ物を届けなければならない。ここまでは間違ってないはず。誰より安く調達し、最も必要とされる場所まで、一番低いコストで運ぶことを毎日やってきた。次はこれを活かす場所を見つけることなんだが。
posted by yoshiharu at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

叡智と我欲との闘い

今のヨーロッパでは歴史の教科書に載るような出来事が起きているんだろうと思う。色んなニュースや論評が流れているけど、ヨーロッパのメディアが各国バラバラの論調で報道しているのを見ると、人類の叡智を試されているような気になる。

EUの制度みたいに、武力なしで統合していこうとすると、どうしても満場一致が原則になる。だから経済的優位を持つ国が主導権を握ろうとすれば反対され易いし、根回しできずに孤立しても離脱を強要されるわけではない。これは悪平等だろうか。

はたして、合衆国的な制度への過渡期なのだろうか。EUとしてのユーロ共同債って話になれば、いずれはEUとしての外交政策、EUとしての軍隊、EUとしての農業政策って話になって、ポルトガルとオーストリアとの関係は、例えば宮崎県と奈良県との関係と同じになる。

となると、日本の道州制は逆方向の動きなのか。地方分権って言ってるけど、要はフリーライダーを振り落としにかかる作業じゃないのか?奔放財政の地方政府は自分で自分の世話して下さいってことでしょ?その中で橋下氏の動きって、何を意味してるのか。

色んな記事があふれ、取捨選択してるつもりでも、いつのまにか情報の海に流されてしまってる気もする。そんな世の中で、自分のアタマで考えるのって難しいし、必要な知識とかも欠けてるかも知れないけど、なんとか自分の脳ミソで考えてみたい。

ユーロ共同債を設立させるのであれば、各国は金融および財政に関わる独自の政策を放棄して、EUとECBに委ねる必要があるだろう。一方、政策を放棄するのが嫌であれば、各国は独自の国債を発行せざるを得ないだろうし、その購入は自国民や自国金融機関に限られるべきだろう。

と言うか、そうしないと問題の解決にはならないんだろうと思う。投資家でも投機家でも、リスクの受け手が適度に機能する状況が好ましい。国がリスクの受け手になれば(国民がそれを許せば)、1%vs99%みたいな話にはなりにくい気がするんだけどね。
posted by yoshiharu at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

ブルーミントン・ノーマル空港にて

2011110416200000.jpg

いや、なんつーか、これぞ昔ながらのアメリカって感じなのかな。ブルーミントンはホントに白人ばかり。みんなピックアップトラックだし、デブだし、ジーンズだし、コーラとハンバーガーだし、摂氏1〜2度なのに半袖だし。

この街で非白人を見たのはウォルマートの店員だけだったよ。都市部だけを見てアメリカを見たつもりになったら間違いなく勘違いしてしまうだろうと思った。スクウェアステーツの占める人口比率ってどれくらいなんだろう。

色々と感じることのある1週間だったけど、とうとう明日で終わり。日曜に成田に着いて、翌日から仕事です。体調よくないし、首は痛いし、今晩はゆっくり休まないと。つか今朝気付いたけど、枕の高さがいまいち合わない。

唐突だけど、アメリカ人になるのと国際人になるのは違うよね。そもそも国際人って何?って話なんだけど、、、この違和感はなんだろうって考えてて気付いたのは、アメリカは多民族・多文化な国で、国際的な場所だと勝手に思い込んでただけだということ。

そんなの今さら気づくまでもなけ、わかりきったことなんだけど、なんか今いる会社で働いてから、そう思い込む傾向が強くなってた気がする。つまり、「国際人」的な素養を身につければ組織に馴染めると思ってたけど、そうではなかった。

実はアメリカ人的な素養を身につけないといけないってことがわかった。もちろん、外国人である自分がこの組織で馴染んでいくためには、という前提でだけどね。外国人に安心して仕事を任せるには、同じ文脈で理解できる人でないといけない。

と、ここで搭乗案内です。尻切れだけど。
posted by yoshiharu at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ミネアポリス・セントポール空港にて

んで、オマハからミネアポリスに移動。3泊して、今からミネアポリスを離れます。つか、空港の待ち時間くらいしかブログ書く余裕がない。

GARMINのナビが作動しなくて、ミネアポリスに着いて早々に迷子になる。ちゃんとした地図を用意してなかったことを後悔するが、しょぼい地図を片手にホテルに電話しつつ、なんとか辿り着く。まーじーで疲れた。

で、翌朝から3日間のお勉強。受講生30人のうちネイティブじゃないのは2人だけ。英語圏の大学を出てないのは俺だけ。しょーじき言って、最初の発言する時は足が震えました。足が震えたのは結婚式で友人代表挨拶した時以来か。

でも、まぁ始めて見れば何とかなるもんなんだが、なんつーか、普段の仕事で使う英語は全く違う。何が違うって、普段は英語が母国語じゃない人と話すことが多いし、話す内容とか範囲が限定されてるから、「伝える」ことに重点が置かれている。

でも、今回はアメリカ人ばっかの中で議論したり主張したりするから、ただ伝えるだけじゃなくて、どう伝えるかが問題になるわけだよね。しかも、黙ってようと思えば1日中ずっと黙っていても良いわけだし、その中で発言するって作業は激しく疲れた。

どこにも出かけず、ひたすらホテルとオフィスの往復だったから、とりたてて書くような事件も無いんだけど、記憶に残ってるのは、オフィスからの帰り道に、でっけーステーキをテイクアウトしてホテルで食べようとしたらナイフとフォークが無くて、手づかみでステーキ食ったことくらいか。
ホテルに頼めばカトラリーくらい持って来てくれるんだろうけど、なんか、もう人に会いたくなくて、そのまま食べました。手づかみでステーキを食うと、当然ながら指が肉汁と脂と血でベトベトになるので、なんか野生化した気がして「肉!」って感じでした。自分の血肉になっていく感覚を覚えたよ。

では、次の目的地に移動します。州の名前でいくと、ミシガン、ネブラスカ、ミネソタと来て、次はイリノイに入ります。
posted by yoshiharu at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。