2005年11月21日

南風窓

今日は時事ニュースネタ。

産経新聞「強権的な土地収用を批判 中国誌、日本と比較」
(一部転載)中国各地では、地方政府が都市整備や
開発区造成などを理由に強引な土地収用を進めて住
民と当局側が衝突、社会問題化しており、同誌は日
本の土地制度について「政府も住民の土地を没収す
る権利はない」と紹介している。(転載終了)

反日デモのニュースに隠れてしまっていたけれど、
上海や北京などの都市部でも、そして農村部でも、
再開発にともなう強制立ち退きに反対するデモが、
けっこうな規模で毎週のように発生している。

でも、そういうニュースはあまり流されない。
中国政府の顔色をうかがっていて流せないのか、
それとも日本人読者(視聴者)の反応が鈍くて
興味をもたれないから流さないのかは不明だが。

上記の産経新聞の記事の元ネタに当たってみた。
南風窓「日本”小大楼”的後面」

ここでの「大楼」はビルを意味する中国語なので
「小大楼」は小さなビルの意。表立って中国政府を
批判しているわけではなく、日本の行政や法整備の
良い点を学ぶ必要があると主張しているように読める。

この記者が中国政府からマークされてしまったり、
編集長が更迭されたりするのかはわからないけど、
少なくともこういう記事が書かれる土壌が既にあり、
読みたいと感じる中国人読者もいるってことだね。
posted by yoshiharu at 17:02| Comment(3) | TrackBack(0) | China | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国は、たしか去年だかに憲法を改正して
国民の財産について、私有権を保護する方向に
大きく変わったのではなかったでしたっけ?

そういう意味で大きな流れとしてはその記者の論調は政治的な時流には沿ってるのではないでしょうか?

ただ、役人達の土地政策や人民に対する意識は急には変われなくて、そのへんの地方政府の矯正の意向が中央にあるのでは?と勘ぐってしまいます。(^^;
Posted by たに at 2005年11月21日 23:19
憲法改正のことは知りませんでした。日本みたいに改正するかしないかで大騒ぎしたり・・・しないんだろうな^^;

中央が地方政府の舵取りに苦労してそうなことは、色んな報道などから読み取れますね。ネタ元が北京青年報とか人民日報とかなら「中央の意向かな・・・」と思うところですが、南風窓には中央の息がかかってないイメージがありますなぁ。
Posted by よしはる at 2005年11月22日 17:39
MALUZEN
Posted by maluzen at 2017年04月21日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9626247

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。