2005年11月03日

シンプル ライフ

今日のレスター・ブラウン氏の講演を一言でまとめるならば
「シンプル ライフ」かな。これが問題解決の鍵。
これは彼が日々の生活で心がけていることなんだとか。
・・・と、これだけでは上手く伝わらないだろうな。

議事録みたいのは書けないけど、ちょっと思ったのは、
地球の環境問題とか貧困とか飢餓とか、そういう問題の
最大の敵はやっぱり無関心であって、その敵に対抗する
手段として『脅迫』は効果があるんじゃないかってこと。

彼のやってることって『オオカミが来るぞー』って
言い続けてるのと似ているんじゃないかなって思った。
寓話と違うのは、既にオオカミが来ているってこと。

日本などの先進国にもオオカミは既に来ているけど、
まだ姿が見えないんだよね。だから現実味が無い。
アフリカとか一部の地域では既にオオカミが暴れてる。
だけど、そのオオカミは「こっち」には来ないような
気がしてるんだと思う。それが無関心につながってる。

だからデータを示し、予測をして、現実味を持たせて、
『脅し』をしているんじゃないかな。ブラウン氏は。

賛否両論あるよね。データの使い方とか分析手法とか。
でもね、彼は着実に成功しているんだと思う。
だって、賛否両論の『否』が出てくるってことは、
『無関心』では無くなっているってことだから。

まだ書きたいことあるけど今日はこれで。
たぶん、続きを明日以降に書きます。
posted by yoshiharu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8924998

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。