2005年09月24日

スープ割り

image/logistics-2005-09-24T23:44:22-1.jpg

先日「スープ割り」というものを初体験しました。

つけ汁と麺とが別々に出されるタイプのラーメン。
麺がチャーシューで隠れてしまってること以外は、
特別なことは無く、普通に美味しく食べました。

問題は食べ終わった後で、、、

「スープ割り いかがですか?」と店員に聞かれたのです。
とりあえず「はい」と答えると、飲み残したつけ汁の
入った碗を持ってかれ、、スープを足してくれます。

まわりを見たらみんなも同じように飲んでるんですね。
そば屋でそば湯をもらうのと似てるなと思いました。

これって常識なんですか?
【関連する記事】
posted by yoshiharu at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | BonAppetit! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中野につけ麺の発祥店って言われる大勝軒っていう
有名なラーメン屋があって、そこでスープ割りやってます。
多分ここから広まったんじゃなかろか。

お客さんのほぼ全員が当たり前のようにスープ割り飲んでて
おれも最初は不思議に思った。

ちなみに残念ながら中野の大勝軒は全く美味しくなかったです。
Posted by ヤス at 2005年09月25日 22:48
そっかー。
池袋のなんとかって店から
暖簾分けされた店だったよ。

そば湯は大好きだけどね。
スープ割りは、普通かな。
Posted by よしはる at 2005年09月26日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7279360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。