2006年10月04日

ハシボソ

2006_0929_028.jpg

東京では見なくなったハシボソカラスを田舎で見かけた。

ゴミをあさるハシブトカラスとは雰囲気がまるで違う。

里山で暮らすカラス達は、なんだか凛々しく見えた。

落ち着いているのに、ふてぶてしくない。
黒光りしているけど、油っぽさがない。
したたかというより、逞しさを感じさせる。
都会のカラスも好きだけど、里山のカラスに惹かれた。
posted by yoshiharu at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっちゃんの言葉のセンスも素敵ですね。
落ち着きとふてぶてしさ
黒光りと油っぽさ
したたかと逞しさ
似て非なるもの。
Posted by mako at 2006年10月05日 20:56
> makoさん

ありがと! とっても嬉しいです。

普段はくだらんこともたくさん書いてるけど、
心で選んだ言葉を誉めてもらえて光栄です。
Posted by よしはる at 2006年10月05日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。