2006年09月10日

同じ月を見ている

久しぶりに満月を見た。

つくばでも、北京でも、DCでも、旅先でも、よく月を見ていた。

満月の時には、なぜか夜になると空を見上げることが多かった。

でも、最近は月を見ることが減った。と言うか、何ヶ月も見てなかった。

久しぶりの満月に、いつかの自分を思い出す。同じ月を見ているだろうか。
posted by yoshiharu at 01:36| Comment(5) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋だね。
Posted by a-yan at 2006年09月10日 12:05
私も満月を過ぎた月をすごく楽しみにみていた、しかも田んぼ道から、なんでこんなにすてきな景色だろう。きっと天の神から贈られただろう。
Posted by yueyue at 2006年09月11日 00:21
> a-yan
夏の気が、まだ秋の気とぶつかってるよね。
季節と季節は、一日で変わるのではなく、
なんとなく秋の気が勝ったり、負けたりして、
いつのまにか秋になっていくような気がするよ。

> yueyue さん
コメントありがとう。
私は、なぜか昔から月を見るのが好きです。
「歩いても歩いても、月が追いかけてくる。」
と思ったことはあっても、
「歩いても歩いても、太陽が追いかけてくる。」
よ思ったことはありませんでした。

陰と陽で考えると、陰に惹かれているみたい。
・・・ということは、私は陽なのでしょうか?
Posted by よしはる at 2006年09月11日 23:52
それはもちろんですよ
よしはるさんが陽であることは当然でそのうえ真昼のお陽さまですよ
こちらのさまざまな文章には感心したよ
ちなみに、月・日に耳で傾聴する...って『いん・よう』になる...
おひかりさまに耳で感じて悟る...
中国の漢字は本当に素晴らしい文化ですね
Posted by yueyue at 2006年09月13日 18:09
私のBlogを読んで下さってありがとうございます。

漢字は確かに素晴らしい文化だと思います。

これからも、いろんなこと書くので読んで下さい。
Posted by よしはる at 2006年09月15日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23525163

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。