2011年11月05日

ブルーミントン・ノーマル空港にて

2011110416200000.jpg

いや、なんつーか、これぞ昔ながらのアメリカって感じなのかな。ブルーミントンはホントに白人ばかり。みんなピックアップトラックだし、デブだし、ジーンズだし、コーラとハンバーガーだし、摂氏1〜2度なのに半袖だし。

この街で非白人を見たのはウォルマートの店員だけだったよ。都市部だけを見てアメリカを見たつもりになったら間違いなく勘違いしてしまうだろうと思った。スクウェアステーツの占める人口比率ってどれくらいなんだろう。

色々と感じることのある1週間だったけど、とうとう明日で終わり。日曜に成田に着いて、翌日から仕事です。体調よくないし、首は痛いし、今晩はゆっくり休まないと。つか今朝気付いたけど、枕の高さがいまいち合わない。

唐突だけど、アメリカ人になるのと国際人になるのは違うよね。そもそも国際人って何?って話なんだけど、、、この違和感はなんだろうって考えてて気付いたのは、アメリカは多民族・多文化な国で、国際的な場所だと勝手に思い込んでただけだということ。

そんなの今さら気づくまでもなけ、わかりきったことなんだけど、なんか今いる会社で働いてから、そう思い込む傾向が強くなってた気がする。つまり、「国際人」的な素養を身につければ組織に馴染めると思ってたけど、そうではなかった。

実はアメリカ人的な素養を身につけないといけないってことがわかった。もちろん、外国人である自分がこの組織で馴染んでいくためには、という前提でだけどね。外国人に安心して仕事を任せるには、同じ文脈で理解できる人でないといけない。

と、ここで搭乗案内です。尻切れだけど。
posted by yoshiharu at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233654293

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。