2006年08月04日

門前の小僧

20060802143535.jpg

門をくぐるという行為。空間を区切る何かを越える時、場を支配する空気を感じるのだろう。

門外不出という言葉。門とは建築物としての存在以上の、結界としての役割を果たしている。
posted by yoshiharu at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | philosophy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古くからの神社とか、山門や鳥居をくぐるだけで
本当に空気が変わることを体感出来るところとか
ありますよー。

#題名を見て、何か専門家並みに学習出来ちゃった話かと思った。
Posted by く at 2006年08月04日 11:35
『…習わぬ経を読む』ってヤツですな。
私は習ったことすら忘れてますが。

ところで「く」さん、コメントありがとうございます。
門のパワー、なんだか凄く強く感じる時がありますね。
神秘的な存在って、けっこう色んな場所にある気がします。
Posted by よしはる at 2006年08月04日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。