2006年05月11日

旧友=老朋友

長いフライトで疲れていたのか、ずいぶん長いこと眠った。目を覚ますと友人夫婦はとっくに起きていたし、彼らの四ヶ月になる娘は午前の昼寝を終えたところだった。そういえば電話が鳴って目を覚ましたんだった。つながるはずの携帯電話がつながらず、もう連絡つかないかと諦めかけていた旧友からの電話だった。

国籍は中国でも日本でも無いが、どちらの言葉も流暢に話す彼は、もちろん英語を含め、俺の知ってるだけで5〜6ヶ国語を操る。異国で仕事を見つけた彼だったが、柔和な表情と卓越したコミュニケーション能力は、彼をあっと言う間にその組織になくてはならない存在へと押し上げた。

忙しいスケジュールの合間を縫って(もちろん俺のスケジュール、でなくて彼のスケジュールだが)ランチをすることになった。まさか、大学の同期の中からカンヌ映画祭に出品するような映画をプロデュースする人間が出るとは想像しなかった。夢って叶うんだな。できないことなんて、本当に無いのかも知れない。そして、彼には次の夢が見えているのだろう。


はっきり言って自慢だが、俺の友達はホントにすごいヤツばかりだ。

Blue Note, New York で歌うヤツだっているんだぜ。
http://www.crazyharmony.com/
彼は金曜(12日)に中目黒でライブをするんだけど、
まぁ、詳しいことは上記サイトを見て下さい。

でも、友達の自慢ばかりじゃなく、俺自身がヒカっていかないとな。


ちょっと話を元に戻そう。長い(3時間弱の)ランチを終えて彼は仕事へと戻っていった。で、もう1人、北京でどうしても会いたいのにギリギリまで連絡がつかない友人がいたので、その人に電話をしてみた。友人と言う表現はしっくり来ないな。恩人?でもない。表現はともかく、俺の人生を大きく変えた人間であり、何はともあれ大好きな人だ。年齢を聞いたことは何度かあったが、いつも忘れてしまう。あまり年齢は気にならないが、とりあえず俺の倍近く生きている人だ。プルルル・・・電話がつながった。

彼との話は、また週末にでも書くことにします。
posted by yoshiharu at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | China | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えらい--感心する!
長い文書お疲れ!

なるほどね

 --物以類聚人以群分--
 ---三人行必有吾師---
Posted by Ch at 2006年05月18日 15:10
> Chさん
コメントありがとうございます!

ブログは短い文章で書いたほうが、継続しやすいですね。
長くなると、なかなか次の文章を書けなくなってきます。

--物以類聚人以群分--
---三人行必有吾師---

1番目の意味がわからなかったので、調べてみました。
「類は友を呼ぶ」っていう感じでしょうか。
似たものはお互いに集まるってことですか。

勉強になりました、ありがとうございます!
Posted by よしはる at 2006年05月20日 12:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17692294

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。