2005年01月28日

Against Bush

F1000010.JPG
ブッシュ大統領2期目の就任式から1週間。
賞味期限切れの「反ブッシュ集会ビラ」写真を
アップしようと思ったのには理由があります。

昨晩、テレビでニュースを見ていたら、ニュースが終わって場面が星条旗に切り替わり、イラクで死んだ若者の名前が読み上げられ始めました。名前、年齢、出身地、所属、そして死因が順に読み上げられていきます。アレン21歳、ジョッシュ21歳、ロバート22歳・・・・・普段のニュースで「戦死者31名 停戦後最大の被害」などと聞いても涙なんか出てきません。でも、アレンのお父さんや、ジョッシュの恋人、ロバートの弟が、自分の大切な人の死亡報告リストを聞いていることを考えたら、突然、涙がぼろぼろとこぼれてきました。

戦死者○名と聞くのと、個人名で戦死報告を聞くのは感じ方が違います。

大切な人を失ったアメリカ人はイラク人を憎むでしょう。でも、アレンやジョッシュもイラクで敵兵を殺害しているかも知れません。イラク兵は自分の弾でロバートが死んだかどうかなど考えないでしょう。ただ、自分の息子や兄弟であるムハマドやサイハムを殺したアメリカ人を憎むだけです。数字で戦争を見ても冷静でいられますが、名前で戦争を見ると冷静ではいられません。とは言え、会ったことも無いアメリカ人の戦死者リストを見て泣く日本人は、あまりに感情的過ぎだとは思いますが。

そういえば、真珠湾の戦艦アリゾナ記念館には戦死者の名前が全て刻まれていますね。広島平和資料館(日本では記念館と言わない)も死亡者、行方不明者、被爆者に分けて氏名入りの資料をまとめていたはずです。それに対して、南京大虐殺記念館や廬溝橋の抗日戦争記念館には戦死者の名前リストは書かれていないんですよね。。。
posted by yoshiharu at 03:30| Comment(4) | TrackBack(1) | peace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遂に巨匠もついに来たねぇ。

って突っ込もうと思ったけど、本記事、なかなか深く読みました。

私も感傷的になりやすい方ですが、リアルに 戦争はいけない と思える理由ですね。

軽いBlogが多い中(俺もそうだが)、重厚なBlog期待してます。

*って軽いのもOKだから気軽に続けようね〜
Posted by taka@evertrip at 2005年01月31日 15:23
こちらで生活していると、
何かと考えることが多いので、
Blogのネタはあるんですよね。

備忘録みたいな感じにして、
気軽に続けていきます。
Posted by sazanami at 2005年02月01日 03:59
今日のブッシュスピーチ、イラクで死んだ兵士の家族とかのパフォーマンスとかあってまじで胡散臭いこと極まりなかったね。同級生もブツブツ言ってました。しかしDCもそうだろうけど、ボストン界隈ってまじでリベラル志向が強い。アメリカって広いよねえ。ほんと。
Posted by ryuichi at 2005年02月03日 15:49
いや本当にアメリカは広い。こんだけ広いと、胡散臭くないとやってられないね。どんぐらい胡散臭いかって、生まれてから死ぬまで舞台の上で人生を演じているような気がするくらい胡散臭い。
Posted by sazanami at 2005年02月04日 02:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1741457

この記事へのトラックバック

ちょいBlog紹介
Excerpt: えー友人がbloggerになったのを記念して紹介します。 ★漣:sazanami 研究者の卵が米国ワシントンDCで書き始めたblog。始まったばかりですが、基本的に重く読ませる、考えさせる記事で続い..
Weblog: ==everTrip==
Tracked: 2005-01-31 15:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。