2013年01月20日

ありがとう。

しばらくぶりにblogを書きます。

友人が天に召されました。その友人は病と闘っていましたが、辛さを微塵も見せずに、最期まで凛々しい姿でした。励ましのメールを送ると、返事が返ってきて逆に励まされました。本当に素敵な人でした。年末にお見舞いした時も、暖かい気遣いをしてもらって、落ち着いた時間を過ごせました。辛かったはずなのに、なんであんなに人に優しくできたんだろう。

故人の優しさは、その類いまれなる共感力によるものだったのだと思います。驚いたことに、痛み止めを飲むことで消されている『痛み』にまで、故人は想像力を働かせていました。この上なく素晴らしい笑顔を人に見せることができる人でした。あの笑顔に癒された人は多いだろうと思います。あの笑顔を見た人で、癒されない人はいなかったかも知れません。

滅多に弱気を見せなかった故人ですが、1度だけ『志半ばの半ば』という言葉で無念さを滲ませたことがありました。『身体を治して続きを全うしよう』とも、『充分にやり遂げたじゃないか』とも言えず、何も声をかけられなかったことが、少し悔やまれます。子供達の成長を見届けられないことが、2回目の『半ば』なのかなと思うので、その分は微力ながら残された我々が手伝いたいです。

もう返事が来ないのですね。あなたからの返事が楽しみでした。最期の半年間、メールをやりとりできたことが、私にとっては宝物です。あなたは、身を削って返事を書いてくれていたのですね。あなたが与えてくれた優しさのおかげで、私はこれからも強く生きて行くことができます。私の迷いを、私の自信を、私の挫折を、私の希望を、私の弱さを、私が進むべき道を、私が失った何かを、、、全てを肯定してくれましたね。

友よ、あなたが旅立つ数時間前に、私はメールを送りました。まさか、その日に旅立つとは思っていませんでした。もう返事はありません。あなたのことだから、返信できなかったことを悔やんでるかも知れませんが、そんな心配は無用です。あなたからは既に充分すぎるほどの返信をもらってます。もう大丈夫。今まで甘えさせてもらって、本当にありがとう。どうか安らかにおやすみ下さい。

故人の冥福を慎んでお祈りし、以上をもって、私なりの弔辞とさせて頂きます。
posted by yoshiharu at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

チェンナイからシンガポール

金持ち、つまり自分より多くの資産を持つ人に接した時、そいつから資産を奪おうとするのが露国人で、そいつの真似して資産を得ようとするのが中国人で、そいつから恵んでもらおうとするのが印度人。。。勿論、かなり強引な一般化なんだけどね。さて、日本人はどうだろうか。資産家を蔑む傾向があったと思うけど、今でも続いているのかな。

97年の中国では、なんとなくだけど経済発展の波って言うか、裕福になりたい!っていう意気込みを感じたよね。なんか工夫して金儲けブームに乗ろうとしたり、後先を考えずに事業を興してみたりと、自ら裕福になろうとしていた気がする。しかし、印度は裕福になる順番を待ってる感じかな。。。中国と印度を両方とも知ってる人に改めて感想を聞きたい。

そんなこんなでチェンナイを離れ、シンガポールに移動しました。ビジネスで来ると過ごしやすい国だけど、プライベートで来ると過ごしにくいね。世の中にはマネーで解決できる問題が沢山あるってことが理解できる国。今回はプライベートだったので、バスにも乗ったし、安宿だったし、メシも基本は粗食だった。シンガポールにも、あんなに粗悪な環境のエリアがあるんだね。

旧友との再開。6年ぶりだったけど、ホントに楽しかった。なんだろう。自分に無いモノを持つ人の話を聞くことって、すごく刺激になる。もちろん、似たような感覚を持った人と話すことも好きなんだけど、、、『そういう考え方もあるんだね。』っていう発見は、たぶん俺の幅を広げてくれる。新しい価値観や、異なる価値観を、素直に吸収できる状態でありたい。

その人が重視するポイントが、俺にとっては極めてドーでもいーことだったりするんだけど、逆もまた真であるんだよね。俺にとっては替えがたいほど大切なモノが、ある人にとっては無価値だったりする。だからこそ、他人の感情を傷付けたりするんだろうし、争いが起きたりするんだろう。。。相互理解するためには、ジョンが言う通りイマジンが必要だよ。これは大いなる真実だと思う。

話がずれたけど、シンガポールでは人と会うことだけが目的だったから、観光ゼロでジャカルタに移動しました。シンガポールでは、友人達とそれぞれメシを食べたことしか覚えてないな。。。で、インドネシアで3カ国目。時間を割いてくれた友人に改めて感謝。もちろん、チェンナイとシンガポールの友人にもね。。。実は明日から、またジャカルタです。今回は出張だけど。
posted by yoshiharu at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

チェンナイ初上陸

もう4ヶ月も経つのか、あの(物理的に)熱い日々から。。。もう随分と記憶が曖昧だけど、インドに行ってきました。プライベートでは初めてのインド。。。チェンナイ、チェンマイ、チェンライと紛らわしい地名がアジアには幾つかあるけれど、今回の訪問先はチェンナイ。またの名をマドラス。

あんまり街をゆっくり見る時間は無かったんだけど、優秀なガイドがいたおかげでタミルの風習からヒンズーの文化、イスラムの教典までかじることができました。エレベーターに乗ると停電で閉じ込められるおそれがあるので、時間単価の高いエグゼクティブはエレベーターに乗ってはいけない(熱中症のおそれもある)。。。バナナの葉や、銀の食器には殺菌効果があるので、衛生上の不安がある時は、これらを備えたレストランで食事をとるのがエグゼクティブのマナー。ただし、手で食べ物を直に触れることが多いので、香りの強い石鹸で手を洗うと、せっかくの料理が美味しくなくなる。。。首を固定したままアゴを左右に動かすのは、エグゼクティブ的には『YES』のジェスチャーなので注意が必要。

天竺、インド、ガンダーラ、、、かなり昔から人類が住んでる場所なんだけど、生活水準がなかなか進歩しない。。。いや、この『水準』ってのが間違っているのかも知れない。エアコンとかビールとか、衛生とか美食とか、実はヒトがヒトとして生き、ヒトとして死ぬためには必要ないんじゃないかな。。。生きてるあいだに悩んだ!!ただコレだけで、ヒトとして産まれた価値はあるのだと思う。悩みに悩んで、沐浴したり、瞑想したり、行者になったり、ヨガしたり、嫉妬したり、やる気を失ったり。。。ヒトじゃなきゃできないことだからね。

続きも、そのうち書きます。
posted by yoshiharu at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

アジア6ヵ国周遊

5月11日から今日までの18日間でアジア6ヵ国を巡って来ました。これだけ短期間に異なる国を見れたことはホントに良い勉強になったし、友人達と楽しい時間を過ごせた。
訪問した順番に、インド、シンガポール、インドネシア、タイ、韓国、中国と周ったので、時間ある時に少しずつブログで書いて行きたいと思います。
アジアの潜在力は感じたし、色んな障害とかもある気がした。うまく系統だって咀嚼できるといいな。
posted by yoshiharu at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

題名なし

こんなにも強くやりたいことがあって、こんなにも長いこと思い悩んで来て、こんなにも知識と経験を積み重ねたのに、それでも辿り着かないってのは、やっぱり何かが欠けているんだろう。

それがわからないまま、俺の人生は終わってしまうんだろうか。自分に欠けているものを身に付けようと無理してるのに、むしろ逆へ逆へと進んでるだけのように思えるよ。まだもっと悩めと言うことか。
posted by yoshiharu at 21:58| Comment(4) | TrackBack(0) | trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。